銀行カードローン返済後の対応

解約すべき?それとも維持すべき?

銀行カードローンは、一度契約すると何度でも繰り返し借入・返済できるローンです。
利用目的を問わず、利用限度額の範囲内なら自由にキャッシングできるため、少しお金が足りないという時にも気軽に利用できます。

しかし、銀行カードローンの契約については1つ注意することがあります。

銀行カードローンは自動解約されません

それは、銀行カードローンを全額返済したとしても、解約手続きをしないと、半永久的に契約している状態になるということです。銀行カードローンは一定期間ごとに更新審査がありますが、特に滞納などをしていない場合は、全然キャッシングしていなくても更新審査に通ります。

ローン審査に影響が出ることもあり得ます

そのままにしておいてもあまり問題ありませんが、マイカーローンや教育ローン、他社のカードローンなどを利用する時、審査に影響を与える可能性があります。銀行カードローンは契約さえしていればいつでも借りられる状態ですので、実際に借入していない状態でも、その利用可能額を「借入金額」としてカウントするケースが多いのです。

ローンの審査では、借入金額も重要な審査基準となりますので、これからローンを組む方は、不必要なカードローンは解約してしまった方がよいでしょう。とはいえ、利用限度額が数十万円程度であれば、あまり問題ありません。

家の設計図住宅ローンやマイカーローンは何千万円、何百万円という金額でローンを組むので、多少カードローンの借入金額をカウントされたところで、あまり影響を与えません。ただし、利用限度額が何百万円と設定されている方は、少々注意が必要です。

銀行カードローンだけじゃなく、クレジットカードのキャッシング枠など、与信枠のあるものはすべて「借入金額」と見なされますので、あちこちでクレジットカードを作っている方は注意が必要です。与信枠の合計が少なくても、借入件数としてカウントされると、審査に不利になる可能性があるので、一度お手持ちのキャッシュカード、クレジットカードを確認してみましょう。

銀行カードローンを解約するためには、借入残高が0円になっている状態で、店頭窓口かオペレーターに連絡して解約したい旨を伝えると、本確認終了後に解約できます。ネット銀行では電話一本で解約できますが、実店舗のある銀行では、本人確認のために、運転免許証や健康保険証、返済用口座の取引印鑑などが必要となる場合もあります。

ローンカードは、自分で破棄するか、銀行に戻します。

解約の仕方は銀行によって異なるので、ホームページなどで確認しましょう。もちろん、特に新規ローンを組む予定のない方は、そのまま解約しなくてもよいでしょう。またお金が不足した時に自由に借入できますし、年会費なども発生しないため、万が一の場合の保険となります。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・