審査が甘いカードローンの見分け方!人によっては消費者金融より銀行カードローンの方がお金を借りやすい!

審査の甘いカードローンにしておけばと後悔したくないなら

審査の甘いカードローン

カードローンを申し込んで、審査結果を待っていたら、まさかの審査落ち……というような目にはあいたくないものです。審査待ちの時間が無駄になるばかりか、大切な信用情報にも傷がついてしまいます。

「A社の審査なら通過できたのに、審査が厳しいB社に申し込んで落ちてしまった」というケースもあるものです。もし、自分自身のスペックに自信がないならば、審査の甘いカードローンを選択することをおすすめします。審査の甘いカードローンの特徴、選び方などについて解説しましょう。

審査の甘いカードローンを探す前に

審査が甘いカードローンを探すには、まず、各社がどのような審査基準で判断をしているのかという点を把握しておくことが大事です。

各カードローンの貸付条件比較

それではまず、メガバンクや大手消費者金融のカードローンにおける貸付条件を比較してみましょう。

カードローン 貸付条件
三菱UFJ銀行カードローン ・契約時に満20歳以上65歳未満
・安定収入がある
・保証会社アコムの保証を受けられる
三井住友銀行カードローン ・契約時に満20歳以上69歳未満
・安定収入がある
・保証会社SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる
みずほ銀行カードローン ・契約時に満20歳以上66歳未満
・安定収入がある
・保証会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる
アイフル ・契約時に満20歳以上69歳以下
・定期収入と返済能力がある
プロミス ・契約時に満20歳以上69歳以下
・安定収入がある
SMBCモビット ・契約時に満20歳以上69歳以下
・安定収入がある
アコム ・契約時に満20歳以上69歳以下
・安定収入と返済能力がある
貸付条件にある保証会社の保証とは?

保証会社とは、借主の滞納が続いた場合、代理で返済する会社のことです。銀行はこれまでカードローンのような個人向け無担保貸付をあまり行ってこなかったため、回収のノウハウを持つ消費者金融と契約し、代行を依頼しています。したがって、もし保証会社のカードローンを滞納した履歴があると、銀行カードローンの契約が難しくなってしまう点に注意してください。

カードローンの審査は年齢と年収がポイント

各カードローンの貸付条件を比較してみると、未成年や高齢者は利用できないことがわかります。また、安定収入も必須条件といって良いでしょう。毎月1回以上の収入を2ヶ月以上連続して得ているならば、安定収入として見なされます。

安定収入さえあればアルバイト、パート、派遣、契約社員でも構わないという審査が甘いカードローンがある一方、やはり正社員以外は不可というものもあります。また、日雇いの派遣社員のように職場が変わることが多いと、どんなに収入があっても安定収入とは見なされません。

カードローンの審査はシミュレーションできる

カードローンの審査が甘いかどうか知るためには、各サイトに設置されているシミュレーションを試してみるのも良いでしょう。年齢や年収を入力すれば、審査を通るかどうかある程度知ることはできます。 

シュミュレーションでは個人名などを入力する必要はないので、もしNGという結果が出ても信用情報に傷がつく心配もありません。まずは、審査の甘いカードローンの特徴を調べ、OKが出そうなところから試してみてはいかがでしょうか。

審査の甘いカードローンの特徴は?

どのカードローンでも審査は必須になっていますが、詳細は各社とも非公開です。しかし、ネットの口コミなどを調べてみると、確かに審査の甘いカードローンは存在し、次のような特徴があることがわかります。

審査の甘いカードローンは金利が高い

カードローンの金利は各社さまざまです。おもなカードローンの金利を比較してみましょう。

カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%

一般的に銀行よりも消費者金融の方が、金利は高めです。そして、消費者金融系カードローンの方がより審査に通りやすいといわれています。つまり金利が高いほど審査の甘いカードローンと、いうこともできるでしょう。

審査の甘いカードローンは利用限度額が低い

低金利のカードローンは、返済能力が十分ある人に高額融資をすることで手堅く利息を回収しています。一方、高金利のカードローンは、少ない金額をたくさんの人に貸し付け、貸し倒れリスクをある程度負いながらも、トータルでは利益を出すという方法です。とりあえず、より多くの人が利用できるように審査を甘くしているともいえます。

また、消費者金融は法律によって年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないと定められています。この総量規制のため、一般的に消費者金融系カードローンは利用限度額が銀行系カードローンよりも低めになっているのです。

人によって「審査の甘いカードローン」は異なる

銀行系カードローンは信用情報、他社借入、在籍確認ともに厳しくなっています。しかし銀行系カードローンは専業主婦にとっては審査の甘いカードローンというのはご存じでしたか?一部の銀行系カードローンだけは配偶者の返済能力を判断基準として、専業主婦でも審査を通過できるのです。

一方たとえアルバイトやパートでも本人に安定収入がなければ消費者金融系カードローンの審査は通過できないので注意しましょう。そうとはいっても、大手消費者金融は会社への電話確認を書類提出に代替してくれたり、中小消費者金融の中には信用情報に関するハードルが低めのところがあったりします。そのため、総じて消費者金融系カードローンの方が、審査は甘めということになるのです。

審査の甘いカードローンに出会うコツ

同じカードローンでも、申し込むタイミングなどによって審査が通りやすくなったり、逆に難しくなったりすることがあるのはご存じでしたか?審査の甘いカードローンに出会うコツを紹介しましょう。

初めての人に審査の甘いカードローンがある

消費者金融では、初めてカードローンを利用する人に限って無利息期間を設定していることがあります。このような、初心者を対象とした無利息期間のあるカードローンは新規顧客開拓のために審査がゆる目になっているのです。

審査結果は最短で30分ほどで出るので、初めてのカードローン申し込みで「長い時間ドキドキ待つのは嫌だ」という人でも安心して利用できるのではないでしょうか。もちろん、即日融資も十分に可能です。「急にお金が必要!」というような時に、心強い味方になってくれるでしょう。

カードローンの審査が通りやすい時期をねらう

申し込みが殺到している時期だと、審査が甘いカードローンでも落ちてしまうことがあるといわれています。とくに、自分が審査落ちのグレーゾーンかもしれないと思うならば、申し込みの多い時期は避けた方が賢明です。

年間通じてカードローンの申し込みが増えるのはゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの休暇前です。やはり、旅行や帰省でお金が必要になる人が多くなるからでしょうか。月初め、月末、週末、週明けにも申し込みが増えるので繁忙期を除いた中旬の平日ならば、審査の甘いカードローンに出会える可能性が高くなるといえるでしょう。

最低限度額が低いカードローンがおすすめ

カードローンはつい「いくらまで借りられるのか」に目が行きがちですが、じつは「いくらから借りられるのか」も大事です。一般的に、限度額の最低ラインが高いほど審査も厳しくなっています。

カードローンの多くは最低限度額を10万円としていますが、なかには1万円というものもあります。とくに「確実にほんの少しだけ借りたい」という人は、そういったカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

審査の甘いカードローンを賢く選択しよう!

最後に、今回の記事のおさらいをしましょう。

  • カードローンの審査は年齢と年収が重要なチェックポイント。
  • 審査の甘いカードローンは金利が高め。
  • 審査の甘いカードローンは利用限度額が少なめ。
  • 同じカードローンでも審査が甘くなる時期・厳しくなる時期がある。
  • 1万円から借りられるようなカードローンも審査が甘い。

審査の甘いカードローンの特徴を調べてみると、一般的に消費者金融系カードローンの方が銀行系カードローンよりも契約しやすいことがわかります。しかし、専業主婦は銀行系カードローンの方が、審査が甘いなど、それぞれのスペックによって審査がゆるいかどうかは異なるともいえるでしょう。ネットの口コミなどで、自分の年齢・年収に近い人がどんなカードローンの審査を通過しているのか調べてみてはいかがでしょうか。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・