お金を借りる審査が甘いのは銀行カードローン?消費者金融系?

審査が甘いのはどっち?

審査が甘いカードローンと言えば、消費者金融を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、2010年に貸金業法が改正されてからは、消費者金融の審査基準が全体的にやや厳しくなっています。

どっちが審査通る?総量規制とは、個人の借入合計が年収の3分の1を超えてはならないという規定です。
すべての金融機関を合わせて3分の1以上借りられないため、すでに他社借入をしている方は審査に通りにくくなりますし、今までは無職や専業主婦でも比較的簡単に審査に通っていましたが、無職や専業主婦は年収がありませんので、年収の3分の1といっても借入できる金額は0円となります。

そのため、消費者金融で融資を受けることはできません。また、法改正でグレーゾーン金利が撤廃されたため、消費者金融の金利が全体的に引き下げられました。金利が下がるということは、回収できる利息が減るということですので、今までのように貸し倒れ覚悟でとにかく融資するという戦法が取れなくなりました。

貸し倒れのリスクを減らすためには、審査を厳しくする必要がありますので、以前よりも審査に厳しくなったというのが消費者金融の実態です。

まだまだ、銀行カードローンよりは消費者金融の方が通りやすい

消費者金融は一定の収入があれば誰でも申し込み可能であり、カードローン会社の中でもっとも審査に甘いと言われています。

審査スピードも早く、自動契約機も全国にあるため、すぐにお金を必要としている方におすすめです。一方、銀行カードローンは、正社員・公務員以外は申し込み不可というカードローンがあるなど、審査に厳しいことで有名です。

しかし、昨今はパート・アルバイトでも気軽に申し込めるカードローンが登場しており、以前よりも気軽に借りられるようになりました。特に消費者金融と提携し、消費者金融のノウハウを用いている銀行カードローンは、即日審査・即日回答にも対応しており、消費者金融とあまり変わらない感覚で申し込むことができます。また、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、無職や専業主婦でも審査に申し込むことが可能です。

銀行は審査が厳しいというイメージから、収入などを厳しくチェックされるのでは?

と思っている方もおりますが、収入に関しては消費者金融よりも自己申告で通ってしまう可能性が高く、100万円や200万円の借入を希望しないと、収入証明書の提出も必要ありません。

審査基準が低いのは消費者金融ですが、銀行カードローンは消費者金融系よりも金利が低く、融資額が大きいというメリットがあるため、安定した収入のある方は、まずは銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。ただし、在籍確認などで融通の利かない部分があるため、職場に電話確認して欲しくないという方は、消費者金融を検討した方がよいでしょう。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・