職場の在籍確認・電話確認無しでも借りられる?

一番気になる在籍確認の電話

電話確認キャッシングの新規契約を申込む時、もっとも気がかりなのが在籍確認の電話ですよね。
在籍確認は、申込用紙に書かれた勤務先が正しいかどうか、収入源がきちんとあるかどうか確認するために必要不可欠です。
しかし、勤務先に電話がかかってくると、ほとんどの場合他の社員に繋がります。

もちろん、現在はキャッシング会社からの電話であると分からないように、個人名で電話をかけることが普通ですが、個人に対してあまり電話がかかってこない職場では目立ちますよね。個人名だけでかかってくる電話は怪しまれる場合もあり、あえて取り次がない会社もあります。

在籍確認は必要ですが、電話以外の方法でできないものか、多くの方が考えていると思います。

実は、一部のキャッシング会社では、電話以外の在籍確認が可能です。

たとえば、モビットではインターネット上の手続きだけですべての処理を完了させる「ウェブ完結」というシステムがあります。

「ウェブ完結」のシステムとは

「ウェブ完結」では健康保険証、直近1ヶ月分の給与明細書の2点をインターネットで送付するだけで、在籍確認の代わりとなります。
送付の仕方は、デジカメや携帯などで書類を撮影し、画像をメールで添付して送信するだけです。

その他にも、本人確認書類や収入証明書類もメールで送信できるので、勤務先だけじゃなく自宅にも電話がかかってこず、誰にも知られずキャッシングできます。
モビット以外でも、勤務先への電話確認NGという方のために、健康保険証や給与明細書、源泉徴収票の提出でOKというキャッシング会社は多いです。

普通の申込用紙・申込画面には何も書かれていなくても、カスタマーサービスに問い合わせ、オペレーターに直接「電話以外の方法はありますか?」と尋ねると、電話以外の最善策を提案してくれる場合があります。

また、申込用紙・申込画面に空欄があれば、「在籍確認の電話NG」と書いておくと、後日キャッシング会社から連絡があり、他の方法を提案してくれる可能性があります。

すでに申し込んでしまった場合も、在籍確認は本人確認の後に行われるので、本人確認の電話がかかってきた時に、他の方法がないか尋ねてみましょう。
在籍確認はあくまで申込用紙に記載された内容が正しいかどうか判断するためですので、どうしても電話じゃないといけない、ということはありません。

すでに他のキャッシングを利用しており、在籍確認をしなくても所在が明らかである場合は、在籍確認を行わないケースもあります。

しかし、在籍確認の取り方や必要性の基準は、キャッシング会社によって異なりますので、やはりカスタマーサービスに問い合わせ、詳細を確認してから申込むことをおすすめします。銀行系のキャッシング会社の中には、勤務先で本人が電話に出ないとOKが出ない場合もあります。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・