家族にバレないカードローン

家族バレにご注意!

夫婦

カードローンに申し込む時、注意しておきたいのが家族にばれるリスクです。
カードローンは個人で契約できるフリーローンですので、家族に内緒で契約することができますが、審査過程で家に電話がかかってきたり、郵便物が送られてきたりすることがあります。ここでは、家族バレを防ぐための3つのポイントを紹介したいと思います。

バレやすいポイント

  • 1.在籍確認の方法
  • 2.郵便物
  • 3.返済滞納

1.在籍確認の方法

まず1つめは、在籍確認の方法について知ることです。
在籍確認は、申込書に記載した内容が正しいかどうか判断するために、家と職場にそれぞれ電話して、本人が在籍しているかどうか確認します。消費者金融であれば、社名を名乗らず個人名で電話をかけてくれるので、カードローンの審査であると分からないようになっていますが、銀行カードローンですと、銀行名を名乗って電話します

本人が出れば問題ありませんが、家族が電話に出ると「何の用だろう?」と疑問に思われる可能性があります。家族が電話に出るリスクの高い方は、消費者金融を利用するか、電話確認のないカードローンを利用しましょう。

消費者金融を利用する場合も、普通に申し込むと電話確認がありますので、事前に相談しておきましょう。

電話確認以外の方法で在籍確認できるカードローン

2.郵便物

2つめは、郵便物が送られてこないように処理することです。

カードローンの郵便物は2種類あります。

1つは、申込書や契約書、ローンカードなど、契約に関する郵便物です。こちらは、インターネットの入力フォームから申し込み、店舗や無人契約機でローンカード、契約書を受け取ることで解決できます。

もう1つは、借入した時に郵送される明細書です。
ATMから借入すれば、その場で明細書が発行されるので問題ありませんが、銀行振込ですと明細書が送られてきます。また、ATMの中にも明細書を発行できない機械がありますので、借入の際は注意しましょう。

3.返済滞納

3つめは、返済に遅れそうな場合の対処法です。

返済に遅れると、カードローン会社から自宅に電話がかかってきたり、督促ハガキが送られてきたりします。
特に銀行カードローンは返済に厳しく、無断で遅延するとすぐに電話がかかってくることがあります。プライバシーの問題もありますから、携帯電話を登録している場合、まずは携帯電話にかかってきます。

しかし、携帯電話が繋がらないと自宅、それでもダメなら職場となり、本人と連絡が付かない場合、家族や職場の人に事情を話して本人の連絡先を尋ねる場合もあります。そのため、家族にばれたくないと思ったら返済日をきちんと守ることが大切です。

どうしても返済に遅れてしまう場合は、必ずカードローン会社に連絡しておきましょう。そうすれば、自宅などに電話がかかってくることはありません。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・