キャッシングの仮審査と本審査の違い

キャッシングを利用したいと思ったら、まずは仮審査から

審査をチェック!キャッシングの利用には必ず審査がつきものですが、その審査も段階的にあり、本審査の前に仮審査を受けることが出来ます。

多くの金融機関がこの仮審査という項目を設けています。借りれるのか借りられないのか不安があればこの仮審査というのを事前に試してみればある程度の不安も払拭されるかもしれません。

仮審査は主に機械によって自動的に行われる

課金ゲームに熱中している人のイラスト各金融機関のホームページから1分程度で仮審査が受けられます。

大抵の場合は、年齢や収入、他社からの借り入れ額などを入力すれば結果が出ます。あくまでも仮の審査なので、最低限必要な項目に限られています。

大抵の場合機械が自動的に行っているので気張らずに、正直に申し込み内容を記入しましょう。初めてキャッシングの申し込みをする人であれば、仮審査はほぼみなさん通ります。しかし、すでに他社からの借り入れがあったり、過去に支払いの遅延などが合った場合は落とされてしまう恐れもあります。

仮審査を行うのは審査の効率化のため?

機械によって審査を自動化してる時点でだいぶ効率的と言えますが、そもそも仮審査とは「この人に融資はほぼ無理」という人をばっさり足切りする手段であると考えられます。

  • こんな人は仮審査でも落ちるかもしれません…
  • 申し込みの年齢に達していない
  • 収入が少ない
  • 居住年数が少ない
  • 他者借入件数が多い

コンピュータのサーバー仮審査とはキャッシング利用にあたってのを条件を満たしているかどうかをチェックするための審査であり、その条件を満たしていない人は本審査の前に門前払いというわけなのです。

キャッシングの条件を満たしていない人をわざわざ一人一人、人間の手でチェックするのは時間の無駄ですよね。そのため、機械を導入して、Web上で簡単に仮審査ができるようにして効率化を図っているのです。

仮審査だからといって嘘偽の申告はNGです

いざ本審査に入って、仮審査時の申告が虚偽であったとバレてしまったら、せっかく借り入れができたかもしれないものもできなくなってしまいます。仮審査だからといってデタラメな申告は後で自分の首を絞めることになるので注意しましょう

仮審査と本審査は意味合い自体が違う

仮審査がキャッシング利用者の「利用資格を問う」ものであれば、本審査はその「利用資格の裏付け」を行うものです。また、いくらまでなら融資可能か、金利は何%か、などの具体的な融資条件が決まるのも本審査です。

仮審査が通っても本審査で落ちることはよくある?

そもそも仮審査では主に「年齢」、「収入」、「勤務年数」、「借入額」しか聞かれないので、正確な審査をすることは不可能です。しかも機械によって自動的に行われる「選別作業」であり、ちゃんとした審査とは言えないものです。

実際、消費者金融のホームページで行われている簡単な仮審査の中にはだいぶいい加減なものも存在するぐらいで、仮審査を通ったからといって本審査を通るかどうかは別問題であると考えておいたほうがいいでしょう。

本審査を行うのは人間の目で

真面目に書類を読んでいる人のイラスト(男性)仮審査を通ったらいよいよ本審査です。仮審査がコンピューターで行われたのに対し、本審査は金融会社や保証会社の人間が行います。利用者にちゃんと返済能力があるかどうかを見極め、この人にいくらまで融資できるかを審査します。

審査基準は各金融機関によって様々ですが、どの審査基準にも共通して言えることは「安定した定期的な収入があるかどうか」が返済能力に有無に直結しています。

また、「他社からの借入の有無」も重要です。借入件数が3件以上あると審査に通らない可能性が高いです。

本審査の流れ

仮審査がネットで簡単に申し込めて、自己申告で自身の情報を記載できるのに対し、本審査では実際に証明書などを自分で揃えて金融機関に提出しなければなりません。書類を提出することで利用資格の裏付けを行います。

※本審査では以下の項目が細かく審査されます。

申請内容に虚偽がないかどうか調査

申告内容に記載された氏名や住所、年収、勤務先、勤続年数などに偽りがないかを調査します。

本人確認書類で本人確認

身分証明書等の本人確認書類で、本人であることを確認します。提出書類によっては複数提出を要求される場合がありますが、運転免許証があれば問題ないでしょう。

在籍確認

申込者の自宅や職場に電話をかけて申込者本人の在籍を確認します。誰にも知られずキャッシングを利用したいと思っている人にとっては悩みの種となる項目です。

過去の借入状況、返済状況を確認

信用情報機関を通じて申込者の過去の借入、返済状況などを調べ、延滞トラブルがなかった調べます。また、現在の他社借入についても調べられます。

このように本審査では仮審査では行われなかった細かい審査が行われます。申告は必ず正直に、正確に行いましょう。ウソはバレます。

もし本審査で落ちてしまったら…

誰でも気軽に申し込みができるキャッシングですが、誰でも必ず審査をパスできるわけではありません。もし一度断れてしまったら二度とキャッシングを利用できないのではないか…と心配になる方もいると思います。しかし、一度審査に落ちても、他の金融会社の審査に通ることはありえます。

審査に落ちる要因として大きいのが他社借入件数とかこの延滞履歴ですが、その基準は金融会社によって異なるため、A社でダメでもB社ではOKということは十分にありえることなのです。

複数の金融機関に仮審査を申し込んでも大丈夫?

電話をしながらガッツポーズをしているサラリーマンのイラストあちこちの金融機関からお金を借りようとしているのがバレると審査に不利になりそう…と心配している方もいると思います。

金融機関は信用情報から個人の他社借入件数や借入金額を金融機関同士で共有しています。信用情報は審査をする際の重要な情報源であり、そこに記録されている情報はすぐに消えるものではありません。

金融機関に借入を申し込んだ履歴は、実際に融資を受けたか否かに関わらず情報として記録されてしまいます。よって仮審査を複数申し込んだ履歴はしっかり記録されていることになります。

複数の申し込み履歴は審査に影響しない?

審査において重要なのは実際に借入を何件したのか、いくら借り入れたのかという事実であり、複数申し込みをしたというだけでは審査の不利にはならないと言われています。なのであまり心配せずに複数の金融機関を見比べて、自分の状況と照らし合わせて、とりあえず仮審査から挑戦してみるといいでしょう。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・