プロミスの返済方法をインターネットから口座引き落としに変えたら返済が快適になった体験談

gf1940281972m

プロミスの返済方法を口座振替に変更して返済してみた

プロミスに限らず大手消費者金融では複数の返済方法を用意しています。大きく分けてキャッシングの返済方法は次の5つの方法から選ぶことができます。

  • 口座引き落とし返済
  • インターネット返済
  • 提携ATM返済
  • 店頭窓口返済
  • コンビニマルチメディア端末返済

上記のように、キャッシングの返済は概ね5つの方法から選ぶことができます。
ちなみにクレジットカードの場合は口座引き落としだけに限定されているので、その点から見ればキャッシングには返済方法を選ぶことができるというメリットがあります。

ここでは私の利用しているプロミスの返済方法を口座振替へ変更する方法についてご紹介します。実際に私も使っていますが、自動で口座からお金が引き落とされるのでとっても快適で、返済忘れとも無縁になりました。

プロミスの返済方法と、それぞれのメリット・デメリット

プロミスでは、以下の5つの返済方法を受け付けています。それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。

インターネット返済

インターネット返済は、パソコンやスマートフォンを通じて24時間いつでも返済ができるサービスです。ATMや店頭窓口まで出向く必要がなく、スキマ時間に支払いを完了できる非常に便利な仕組みです。振込手数料はいつでも0円です。利用にあたっては、金融機関へのログインが必要です。

口フリ(口座引き落とし)

口フリ(口座引き落とし)は、あらかじめ口座を指定しておくと、自動的にそこから引き落とされるサービスです。一度手続きをしてしまえば、あとは自動で支払いが行われる便利さが特徴です。振込手数料はいつでも0円です。

店頭窓口(お客様サービスプラザ)

店頭窓口(お客様サービスプラザ)は、各地に設置されている有人店舗です。人と対面しながら直接手続きできるのが大きな特徴です。無人の「自動契約コーナー」とは別物なので注意が必要です。位置を検索したい場合は、以下のリンクから「お客様サービスプラザ」と検索してください。

店舗・ATM一覧

プロミスATM

プロミスATMは、各地に設置されているプロミスのATMです。銀行のATMとほぼ同じ感覚で利用できます。置を検索したい場合は、以下のリンクから検索してください。

店舗・ATM一覧

コンビニ(マルチメディア端末)

マルチメディア端末は、ローソン、ファミリーマート、ミニストップに設置されている端末です。返済専用であり、借り入れはできません。設置店舗は以下のリンクから検索してください。

提携先のご案内

参考資料:各返済方法の特徴
インターネット返済 口フリ(口座引き落とし) 店頭窓口(お客様サービスプラザ) プロミスATM コンビニ(マルチメディア端末)
Webから手続き可能
土日返済OK
来店不要
手数料0円
24時間利用可能
返済計画相談可能

私がこの中から「口フリ(口座引き落とし)」を最もおすすめする理由

私は以前はインターネット返済を利用していたのですが、少し前に口フリに変更しました。理由は簡単で、ついうっかりによる返済忘れを防ぐためです。

インターネット返済はたしかに24時間いつでも返済ができて便利ではあるのですが、あくまでも自分で手続をしないといけないため、面倒でもあります。正直言うと、返済手続きを忘れてしまい、プロミスから連絡が来たこともありました(お金がなかったわけではないので、すぐに返済して事なきを得ましたが……)。

毎月毎月返済手続きをするのは面倒なので、思い切って口フリ(口座引き落とし)に変更した所、これが思いの外便利。返済日を気にせずに過ごせるということが、思いの外快適であることを知りました。

実際に体験してわかった「口フリ(口座引き落とし)3つのメリット」

口フリ(口座引き落とし)を実際に利用して一番大きいと感じたのは、やはり支払いの手間がかからないことです。支払い元となる銀行口座にさえお金を入れておけば、あとは何もする必要がないというのは快適です。仕事が忙しい方はもちろん、家事や育児に追われている方にこそ使ってほしいと思いました。

2番目のメリットは、支払先や支払金額を間違えるリスクがないことです。私はインターネット返済を利用していた時に返済額を間違えて一桁多く入金してしまったことがあるのですが、口フリでは自動的に正しい返済金額を引き落としてくれるため、非常に安全です。

3番目のメリットは、入金手数料がかからないことです。インターネット返済も手数料は無料ですが、口フリも手数料無料だったので、安心して乗り換えることができました。

意外と無視できない「口フリ2つのデメリット」

上記の通り、口フリはメリットの多い返済方法ですし、実際に利用して満足もしているのですが、一方でデメリットと言うか、少し気になる点もありました。

1番目のデメリットは、口座への入金を怠ると返済ができなくなってしまうことです。当たり前といえば当たり前の話なのですが、忘れると返済が滞ってしまいますので注意が必要です。私はこれを防ぐために、口座の使い分けを行っていました。返済する口座(口フリに使う口座)を独立させて、そこに毎月の給料から一分の金額を自動で振り分けるように設定しておいたのです。これにより、払い忘れの心配はなくなりました。

2番目のデメリットは、最初の手続きが多少面倒なことです。面倒と言ってもネットで5分で完結するようなものなのですが、それでも完了するまでには多少の心理的なハードルを感じました。後回しにするとどんどん面倒になっていきますので、これを読んでいる方には今すぐの手続き開始をおすすめします(以下のリンクからかんたんに手続きが行なえます)。

会員ログインフォーム

意外とかんたん!返済方法を口フリ(口座引き落とし)に変更する方法

「消費者金融の返済方法変更って手続きが面倒くさそう……」と漠然と不安を感じている方もいらっしゃるかと思いますが、全く心配はいりません。私が実際にやってみたところ、手続自体は10分で住みました。

ただし、金融機関の口座をまったくもっていないという場合は、事前に用意しておく必要があります。

金融機関は基本的にはどこでもOKですが、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行だと、返済日が選べるようになったり、借入残高への反映が早かったりといったメリットがあるので、この2つの銀行の口座を持っているという場合は、そちらを優先することをおすすめします。もちろん、ない場合は新たに作ってもいいですし、別の銀行の口座を使っても構いません。

参考資料:金融機関ごとのサービス比較
金融機関 三井住友銀行・ジャパンネット銀行 その他の金融機関
申込方法 インターネット インターネット
返済期日 5日、15日、25日、末日から選択 5日
引き落とし開始日 前日までの登録で次回返済期日から 次回返済期日に間に合わないことがある
残高への反映 即日 3営業日後
手数料 0円 0円

口座引き落としにするには必ず手続きが必要

キャッシングの返済を口座引き落としにしたいというときは、そのための手続きが必要になります。例えば、プロミスにはweb契約というものがあり、契約の際に指定した口座へお金を振り込んでもらうことができます。

しかしその口座はあくまでも振込みしてもらうための口座となります。ここで口座情報を入力したことで必然的に口座引き落としになっていると勘違いしてしまう人もいますので注意が必要です。

口座振替をするための手続きを行っていなければ、基本的な返済方法は自動契約機(ATM)からの返済かネット返済となります。

返済方法は契約後でも変更可能

基本的に返済方法は契約時に決めることになりますから、どの返済方法を選んだのかを覚えておくようにしましょう。契約の時点で口座振替を希望しておけば契約後に書類がカードと一緒に送付されてきますから、それに記入して返送すれば手続きできます。

契約時に口座振替以外の返済方法を選んだとしても、プロミスの会員サービスから返済方法を変更することもできます。

ネット上で手続きする方法
  • プロミスの会員サービスにログインする
  • 「ご返済」をクリックすると返済方法を選ぶ画面が表示されるので「口フリ(口座振替)」を選ぶ
  • ゆうちょ銀行かそれ以外の金融機関かを選ぶ画面が表示されるので当該する方を選ぶ
  • ゆうちょ銀行以外を選ぶと銀行などの一覧が表示されるので、当該の金融機関を選ぶ
  • 当該金融機関のサイトへ飛ぶので、そこで必要な項目を入力し完了

以上が手続きの主な流れとなります。基本的にネットバンキングに対応している金融機関であれば、地方銀行でも信金でも利用可能です。最近の金融機関はほとんどネットバンキング対応なので、ほぼ問題なく手続きできるはずです。

会員専用WEBサイトから口座引き落としの手続きを開始する

さて、具体的な口フリ(口座引き落とし)への変更方法ですが、まずはプロミスの会員サービスにログインしてください。ログインにあたっては、カード番号と暗証番号、もしくはWebIDとパスワードが必要です。紛失してしまった場合は、再発行の手続きを行いましょう(ログイン、及び再発行の方法確認は以下のリンクから行えます)。

会員ログインフォーム

そのページの中の「ご返済」をクリックすると、返済方法を選ぶ画面が表示されますので、その中から「口フリ」を選びます。その後、口フリに使う金融機関を選択すると当該金融機関のWebサイトに飛びますので、そこで必要な情報を入力すれば、手続きは完了です。インターネットバンキングに対応している金融機関(つまり殆どの銀行や信用金庫)が使えます。

必ず変更完了画面を確認する

なお、口フリにつかう金融機関のWebサイトでは最後に「収納企業に戻る」という項目が表示されますので、必ずそれをクリックしてください。クリックするとプロミスのページに戻り、ここで初めて手続きが完了したことになります。

この画面には「返済日」および「引き落とし開始日」が記載されています。手続き完了時にはメールが届きますので、必ず確認しましょう(メールが来ていないということは、手続きが正常に完了していない可能性があります。その場合は、再度手続きを行えばOKです)。

プロミス返済方法(口座引き落とし)まとめ

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • プロミスには全部で5つの返済方法がある
  • その中でも最もおすすめなのが口フリ(口座引き落とし)
  • 口フリは自動でお金が引き落とされるシステムなので、支払い作業に手間がかからない
  • 口フリへの変更手続きはネット上で完結する

毎月の返済日って、ついつい忘れがちですよね。悪気なく返済日を忘れてしまい、その結果無駄な遅延損害金を払った経験があるという方も少なくないかと思います。そのような方におすすめしたいのが、口フリ(口座引き落とし)の導入です。

口フリ(口座引き落とし)はもっと多くの方に使ってほしい、便利なサービスです。これを機会に切り替えてみてください。

プロミス徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・