錯覚を無くす&現実を直視する!それが借金の自転車操業に陥らない秘訣です

自転車操業に陥らないために知っておくべきこと

自転車は除くの標識カードローンなどを利用する上で注意したいのが自転車操業です。返済のために借入を重ねていくというものですね。この状態に陥ってしまうと抜け出すのが非常に難しくなってしまいます。
ここでは、自転車操業に陥らないために何を注意すべきかについてお話していきます。

借金しているという意識を持とう

カードローンにしてもクレジットカードにしても、それ一枚でATMから簡単にお金を引き出せてしまうものです。
そうした利便性の高さも確かに魅力的ではありますが、一歩間違えば自分のキャッシュカードからお金を引き出すような感覚に捉われてしまうことになります。つまり、本当は借金したお金なのに、自分のお金だと勘違いしてしまう危険性を孕んでいるのです。

自分のお金=経済力がある、と錯覚しない

キャッシングをする上でもっとも怖いのが、自分のお金のつもりで引き出せてしまうため、自分自身に経済的な余裕があると思い込んでしまうことです。そうなるともう止まりません。無駄な出費を重ねてどんどん借入を続けていくことになります。金銭感覚が麻痺してしまうのです。そして、限度額一杯まで使い切ってしまってから初めて自分の愚かさに気づくのです。

基本は現金主義を貫きましょう

カードローンやクレジットカードのキャッシングは決して悪いことではありませんが、金銭感覚が麻痺して使い過ぎてしまうことは愚かな行為です。

カードは必ずしも必要なものではない

カードローンやクレジットカードはどうしても必要なものかといえば、そうとも限りません。確かに欧米などではクレジットカードを持っていることが信用性の証ともなっています。しかし日本ではどうかと言えば一部を除いてほとんど現金主導の社会です。我々一般市民がクレジットカードを持っているかいないかでステータス性を判断されるような社会にはなっていません。ほとんどの場合は現金決済が主流です。

背伸びをしなければ悪循環にハマることはありません

自転車操業に陥ってしまう最大の要因は、身の丈に合った生活以上の生活に浸ってしまうためです。背伸びをしなければ金銭感覚というものは自然に身に付いていくものです。
現金主義という考えを持つようにすれば、無駄に借金することもなくなります。つまり、「お金が無ければ無いで仕方がない」という考えに落ち着くことができるのです。言い換えれば身の丈に合った生活ができるようになるわけです。まずはこの感覚を身につけましょう。

我慢も身に付く

現金主義に立つと、我慢というものも身に付いてきます。「欲しいものがあっても稼いでから買う」などといった考え方になるため、それ自体が労働意欲の増加に繋がりますし、無駄遣いも減らすことができるという相乗効果も得られます。
こうした基本的なことさえしっかりと身に付けておけば、自転車操業などという悪循環に陥る心配はありません。

借金返済トラブル講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・