借入先の消費者金融が倒産! 借金はどうなる!?

借入先が倒産したら借金は消えるのか?

bankruptcy617バブル崩壊後の長引く景気低迷に伴って、銀行をはじめ多くの金融会社が経営危機に晒されました。多くは合併などによって危機を乗り越えましたが、消費者金融大手の武富士やアイクなどといった消費者金融も姿を消していきました。アイクはディックに吸収合併されましたが、現在ではそのディックも新規の受付は行っていません。
もちろんその背景には景気低迷という部分もありますが、グレーゾーン金利撤廃による過払い金返還なども多分に影響しています。さらに、特に武富士の場合は厳しい取り立ての実態も明らかとなり、企業体質そのものが問われてしまったことも影響しています。

倒産後に残った借金はどうなる?

さて、自身が借入を行っている金融会社が倒産した場合、現在借り入れている借金はどうなるのか? という疑問を抱く人もいるはずです。
借り入れている金融会社が倒産してしまうということは、借金そのものがなくなるのでは? と淡い期待を抱いてしまう人も少なくないかもしれません。
しかし、期待を裏切るようで心苦しいのですが、借入先が倒産しても借金が消えてしまうことはまずありません

貸し出しているお金=財産

現在借り入れているお金はどこからもたらされているかと言えば借入先の金融会社ということになります。つまり、元々はその会社のお金なわけですから、貸し出しているお金もその会社の財産ということになります。
大抵の場合は金融会社が倒産すると他の金融会社がその業務を買い取って運営していくことになります。借金自体も新しい会社に引き継がれる形となりますから、借入先の倒産後は新しく業務を引き継いだ金融会社へ返済していくことになるのです。

新会社が業務を引き継いだ際のデメリットは?

借入先の倒産に伴って新会社が業務を引き継いだ際に生じるデメリットについて不安を感じてしまう人もいるかもしれません。例えば、現在の金利が高くなったりすることがあるのかどうか? という不安などもその最たる例でしょう。
しかし、その心配もほぼ無用です。新会社に引き継がれたからといって、今まで以上に金利が跳ね上がってしまうということはまずありません。むしろ、交渉すれば現在よりも金利を下げてもらえる可能性すらあるくらいです。

引き継いだ会社が債権を安く買い取っていることも

例えば倒産した金融会社の債権を、新しく引き継ぐ金融会社が安く買い取っている場合がほとんどです。そのため、もし返済に苦労しているようなら業務を引き継いだ会社に交渉してみると金利を下げてくれるなどの対応をしてくれる可能性もあります。金融会社側としても、せっかくの顧客に逃げられるよりは借金を回収した方が遥かに効率的だからです。
どうせ借入先が倒産したところで借金自体が消えてしまうことはないのですから、金利を下げてもらう交渉くらいなら、してみる価値はあるかもしれませんね。

借金返済トラブル講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・