金利で比較すると、おまとめローンでお得なのは?

“金利”は、おまとめローン選びの重要ポイント

おまとめローンを利用するにあたってもっとも大事なポイントとなってくるのが金利です。
おまとめローンを選ぶ際にはいかに得をするかが大事ですから、金利の低さは必然的に外せないポイントとなるわけです。
今回は“金利”に注目して銀行、信販、消費者金融のおまとめローンを比較・検討してみたいと思います。

おすすめは、銀行カードローンのおまとめローン

otoku300おまとめローンのなかで金利の低さが際立つのは銀行です。おまとめローン自体は多くの金融機関が提供していますが、金利の低さでランキングをつければ銀行が上位を占めます。
現在借りれているローンやキャッシングよりも金利が低ければ、それは直接支払総額の負担減に直結しますから、いかに金利の低いおまとめローンを選択できるかがカギとなります。

銀行のおまとめローンのメリット

銀行のおまとめローンの特徴は、金利が低い上に消費者金融と比べて借入限度額が高いというところです。
せっかくおまとめローンを利用したのに借入希望額よりも低い金額を借り入れてもあまり意味がありませんから、借入限度額が高いというのはとても魅力的ではないでしょうか。

銀行のおまとめローンのデメリット

逆に、銀行のおまとめローンのデメリットを唯一挙げるとすれば、審査の厳しさです。
金利が低い上に借入限度額も高いとなれば、やはり審査も厳しくなってしまう傾向は否めません。
期待して申し込んでも審査に落とされてしまう人は結構います。銀行のおまとめローンに申し込むのであれば、しっかりと審査基準を満たしておく必要があります。

次善の策が、信販系と、消費者金融系のおまとめローン

もし銀行のおまとめローンで審査通過できなかった場合は、信販系のおまとめローンを申し込んでみましょう。
金利面では銀行に劣ってしまいますが、信販系は借入限度額などで銀行に引けを取りませんし、審査も銀行よりは厳しくありません
無理に銀行にこだわって審査に落ち続けることを考えれば、若干敷居を低くした方が確実です。

消費者金融のおまとめローンは最後の選択肢

敷居を低くしたにも関わらずもし信販系でも審査に落とされてしまったら、残る手段は消費者金融ということになります。
しかし、がっかりする必要はありません。
消費者金融には消費者金融のメリットもあるのです。
消費者金融の最大のメリットは審査基準の緩さです。
銀行の審査に落とされたけれど消費者金融から借り入れることができたという人も現実にたくさんいます。さらにいえば、即日融資などスピーディーな対応をしてくれるところが多いというメリットもあります。

担当者次第で健全な返済が可能です

消費者金融自体にしても、昔のような悪いイメージは一新されていますし、むしろ接客などは銀行より優れています。
特に、一部のネット銀行などは電話での応対の悪さが指摘されていますが、消費者金融の場合はほとんどの場合かなりレベルの高い応対をしてくれます。
ただし、先述した通り金利は高めですから、現在借り入れているローンなどの金利としっかり照らし合わせる必要もあります。
多少金利が高くても月々の負担が減らせればそれで構わないというのであれば、消費者金融を選ぶのもひとつの方法です。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・