おまとめローンの審査で通りやすい条件

oksign617

おまとめローンの審査を乗り越えるポイント

多重債務者にとっては、おまとめローンというのはとても魅力的なものです。
せっかく状況が改善されるチャンスなのですから、審査に通りやすい環境を自ら準備しておくことが必要です。
また、銀行系のおまとめローンよりは消費者金融系のおまとめローンの方が審査基準が緩いと言われています。

審査に通過しやすい条件を理解しておこう

ただし、金融商品という性質上審査に通過できなければ借り換えをすることはできません。
審査に通過しやすい条件と審査通過が厳しい条件とを理解しておくことで、審査通過もそれほど難しくなくなります。
おまとめローンの審査に通りやすい条件としては、下記のようなものが挙げられます。
最低でもこれらの条件をクリアできていれば審査に通りやすくなるといえます。

おまとめローンに通る条件
  • 借入件数が多くても3件程度、
  • 勤続年数が長く、
  • 正社員で収入が安定している、
  • 直近3か月以内に遅延や延滞がない、
  • 1か月の間に3件を超える申し込みをしていない

通りやすい条件を一つ一つ検討していく

まず借入件数に関してですが、あまりにも他社からの借入件数が多いと審査基準に抵触してしまいます
多くても3件~4件が妥当です。
勤続年数にしても最低3年は欲しいところです。それ以下だと少し厳しいかもしれません。

キャッシングのヒストリーに気をつけて

また、審査においては信用情報機関の情報が大きく関わってきます。
遅延や延滞などがあれば、3か月~6か月間がその情報が残されてしまいます。
また、何件も申し込んで審査に落とされた場合でもその情報は3か月程度は残されてしまいますから要注意です。
もし複数申し込むのであれば、最高でも3件までにしておく必要があります。

おまとめローンを活用できるように最善を尽くそう

おまとめローンというのは、返上を打破するのに最適なものでもありますから、活用できるのであればぜひとも活用したいものです。
そのため、申込段階でいかに審査に落ちないような状況であるかが大切です。
もしわずかでも審査に対して不安な点があるのであれば、確実に改善してから申し込むようにするのがベストです。
もし審査に通ったとしても、場合によっては借入額を減額されてしまうことも少なからずあります。
そうなるとおまとめ自体の意味もなくなってしまいます。
申し込み前には、なるべく不安要素を取り除いてから申し込めば確実性が増します。

債務が膨らむ前におまとめローンで早めに対処

おまとめローンを利用するには、借入額が少なすぎてもあまり意味がありませんし、借入限度額をオーバーしてしまうほど多すぎるのも問題です。
借入額にもよりますが、おまとめローンに申し込むのであれば年収に対する借入額の割合が5割前後の方が最も効率的だと言われています。債務が膨らむ前の早め早めの対策が大切なのです。

なんとかなる内に再建計画を立てましょう!

おまとめローンの本来の意味は、複数の金融業者から借り入れている借金を一本化させることで返済を楽にするというものです。
より安い金利の商品に借り換えることにより、月々の返済額を低く抑えたり、バラバラな返済日を1回に固定できるというメリットがあります。
審査基準の情報を参考に健全な返済計画を立てるのがベストです。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・