おまとめローンの審査で落ちる人

なぜおまとめローンの審査に落ちてしまうのか?

せっかくおまとめローンを利用しようと思っても、審査に通らなければ同じことです。なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか? おまとめローンが多重債務の光明に見えたとしても、審査に落ちれば完済への道は手が届かなくなってしまいます。
では、審査に落ちてしまう人というのはどういった人なのでしょうか

おまとめローン審査落ちの理由

審査落ちの理由①金融事故経験者=ブラックリスト掲載者

yesno360
まず、問答無用でアウトなのが過去に金融事故を起こしている人です。いわゆるブラックリストと呼ばれるリストへの掲載者です。
金融事故経験者=ブラックリスト掲載者=アウトという図式なのです。

債務整理をするとローンは組めない

主な対象者は自己破産などの債務整理をした人のことを指しますが、債務整理した場合は最低でも5年、最大で10年間はローンを組むこともクレジットカードを持つこともできません
まだ事故歴があるのにおまとめローンに申し込もうとしてもまず審査に通過することはできません。
そもそも自己破産している状態でおまとめローンを利用しようとするのはよほどの理由がなければあり得ないこととも言えます。

審査落ちの理由②借入件数が多い

次にポイントとなるのが他社からの借入件数です。
おまとめローンの審査では、他社からの借入額の多さよりも借入件数の多さを問題視します。借入件数もできれば少ない方が審査に有利となります。

借入件数が多いと自転車操業と見做される

例えば、2社から合計200万円借り入れているのと、4社から合計180万円借り入れているのとでは審査に及ぼす影響が異なります。
一見すると借入総額の多い方が不利に感じますが、実は4社から180万円借り入れているよりも、2社から200万円借り入れている方が審査に有利なのです。
総額よりも件数の少ない方が信用性が高いと判断されるのです。
借入件数が多ければ多いほど、「自転車返済に陥っているのでは」と判断されてしまうのです。
借入件数に関しては、どんなに多くてもせいぜい4件~5件が限度です。
それ以上ですと審査に及ぼす影響の方が高くなるでしょう。

審査落ちの理由③短期間での複数申し込み

また、短期間にいくつものおまとめローンへ申し込みしてしまうのもNGです。
1件目の審査に落ち、2件目も落ち――焦ってどんどん申し込みを続けてしまうと、いわゆる申し込みブラックという状態になるのです。
どこに申し込んだかなどの情報は、すべて信用情報機関に登録されてしまいます。
一般的には、1か月に3件以上の申し込み履歴があるとアウトと言われています。
もちろん、その情報は数か月間残されてしまうのでその間はどこに申し込んでもほぼ審査通過は厳しくなります。
「よほどお金に困っている=返済能力に乏しい」と判断されてしまうのです。

審査落ちの理由④入社後の年月の短さ

さらに、勤続年数にも注意が必要となります。どんなに審査の緩い金融機関であっても、勤続年数が0.5年に満たないと審査に影響します。つまり入社後、半年はやめておいたほうが良いと言うことですね。
もっとも理想なのは5年以上あればいいのですが、少なくても1年は欲しいところです。
半年よりも1年、1年よりも2年の方が審査に有利なのは言うまでもありません。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・