審査で通りやすいおまとめローン

filelady617

「おまとめローン」の審査を通りやすくするコツ

おまとめローンは全般的に、通常のフリーローンよりも審査基準が高めです。
というのも、おまとめローンを利用する方は、多重債務や自転車操業によってすでに返済が苦しくなっている方が多いので、返済能力について通常よりも厳しく判断する傾向があるようです。
このように言うと、「審査に受からないかも…」と不安に思う方もいるかもしれませんが、金融機関の選択や審査の受け方によって、審査に通る可能性はグンとアップします。

スコアリングの基本条件を見直す!

たとえば、銀行のおまとめローンはもっとも審査基準が高いですが、一定の返済能力が認められれば審査に通る可能性はあります。
審査に通るためには、安定した収入があることが条件となりますが、それを判断するために勤続年数の長さや、現在利用しているローンの件数などをチェックされます。

借入件数が増えすぎていないか? 借入金額よりも重要!

1件1件の借入金額が大きくても、借入件数が少ない方が審査で有利に働きます。
というのも、借入件数が多いと「1か所からまとめて必要な金額を借りられない人」=信用が低い人と判断されるからです。
たとえ審査に通った場合も、借入件数が多いと限度額を調整されることがあります。
借入先が何件もある方はなるべく少ない件数にまとめてから申込みましょう。

「おまとめローン」の借り入れそのものを見直す

たとえ銀行の審査に通らなくても、消費者金融や信販会社のおまとめローンであれば、比較的審査も緩めですので安心です。
ただし、審査が緩いということはそれだけ金利が高くなるので、一本化した時にどのくらい利息が減るのか、きちんと計算してから申込む必要があります。
おまとめローンは総量規制の対象外ですので大きな金額を借りられる分、自分の返済能力以上の金額を借りてしまい、結局債務整理するというパターンも多いです。
審査に通りやすいことが、必ずしも良い結果に繋がるというわけではありませんので、返済の見通しをしっかり立ててから契約するようにしましょう。

低金利ローンを「おまとめローン」化して活用する

また、金利の低いローンを見つけたら、それをおまとめローンとして利用する方法もあります。
おまとめローンと銘打っていなくても、低金利の金融機関からお金を借りて、そのお金を他社の支払いに回してしまえば、新しい取引先にローンを一本化することかできます。
ローンの中でも、一番審査に通りやすいのはフリーローンです。
審査スピードも早めですので、返済期日が迫っているという時もスピーディにおまとめ(借り換え)することができます。

年収の1/3までならフリーローンも活用可能です

ただし、銀行以外のフリーローンは総量規制の対象となるため、他社借入も含めて年収の3分の1以下しか借入することができません。
クレジットカードのリボ払いをまとめるなど少額のおまとめローンには向いていますが、すでに総量規制ギリギリまで借りているという時は、やはり総量規制の対象外である銀行ローンやおまとめローンが一番です。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・