今すぐ2万円借りたい【今日中に二万円借りる】

checkthephone617

2万円の少額融資、どこで借りる!?

友達と遊んだりガソリン代が不足したりと、日常生活の中で少しお金が足りなくなった時、カード1枚で気軽にキャッシングできれば便利ですよね。
キャッシングやカードローンは、消費者金融や銀行、クレジットカード会社などがそれぞれ展開しており、非常に多くの商品があります。
その中から「今すぐ2万円借りたい!」という方にぴったりの商品を選ぶためには、3つのポイントを比較する必要があります。

比較ポイント①即日融資ができること

まず1つめは、即日融資可能なことです。
CMなどを見て、キャッシングといえば即日融資が当たり前のように思われる方も多いですが、実はほとんどの銀行カードローンは融資までに1週間以上かかります。
即日融資に対応しているのは、基本的に大手消費者金融のみです。
これらの業者はネットを利用すれば最短30分で審査回答をもらえます。

申し込みの時間帯には要注意!

ただし、営業時間外に申込んでも審査回答は翌営業日に持ち越されます
また、銀行振込の場合は平日15時までに取引を完了させなければならず、金融機関によって平日12時30分まで、平日14時までなど、即日振込に対応できる時間帯が異なります。
土日祝日にお金を借りたい場合は、銀行振込が利用できないので(ネットバンキングなど一部除く)、自動契約機の設置されている金融機関を選ぶ必要があります。

銀行カードローンと消費者金融の両方に申し込む手もあり

銀行カードローンの中にも即日融資に対応している金融機関はありますが、審査が長引く可能性もあるため、「できれば銀行から借りたい。でも今日中に融資されるか不安」という方は、銀行カードローンと消費者金融キャッシングに1つずつ申込んでみるのはいかがでしょうか。
複数申込みは信用情報に余計な情報が増えるため、2社申込みくらいにしておきましょう。

比較ポイント②即日審査してもらえること

2つめは、すぐに審査に通ることです。
今すぐお金を借りるためには、審査に時間がかかるわけにはいきませんから、自分の属性で通りそうな金融機関を選ぶのが大切です。
消費者金融はその点有利ですが、申込用紙の記入する内容には注意しましょう。
キャッシングの審査はどこもコンピューターによる自動審査を利用しており、申込用紙の項目をスコア化して判断するため、スコアの合計が高くなるよう記入することも大切です(自宅の電話番号がある場合は、携帯ではなく自宅の番号を記入するなど)。
また、本人確認の電話に必ず出ること、在籍確認の行える時間帯に申込むことも、即日融資のための必須条件です。

比較ポイント③提出書類が少ないこと

3つめは、必要書類を準備しておくことです。
キャッシングを利用するためには、運転免許証や健康保険証、パスポートなど、本人確認のできる書類が必要となります。
いずれも手元にない場合は、住民票などを市役所で発行する必要があります。
消費者金融であれば、50万円以下の借入は原則的に収入証明書不要ですので、運転免許証があればすぐに手続き可能です。

今すぐ借りたいキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・